伝説の鶏「黒柏鶏」の血統を継ぐ、山口県初のブランド地鶏「長州黒かしわ」

長州黒かしわは、天然記念物である黒柏鶏を元に、経済性・食味の良さにこだわった肉用鶏として誕生した山口県産のオリジナル地鶏です。肉質は力のある適度な歯ごたえを残しながらも柔らかくジューシー。臭みが少なく、栄養価も高いといった特性を持ちます。山口県を代表するブランド地鶏として山口県の新しい統一ブランド「やまぐちブランド」にも登録されました。福八では、この県産地鶏を贅沢に使用した加工品を製造・販売しています。

伝説の鶏「黒柏鶏」

黒柏鶏は島根県と山口県でかなり古くから飼育されてきた中型の鶏で昭和26年に天然記念物に指定されています。小国鶏(京都府・三重県・滋賀県を生息地とする国指定天然記念物)の系統であるとも言われ、古くは古事記、日本書紀にも記載されています。古来より神聖なものとして扱われていましたが、その多くは姿を消し、現在は山口県の玉祖神社境内において飼われています。

長州黒かしわの特徴

この黒柏鶏を元に、軍鶏やロードアイランドレッド、ホワイトプリマスロックなどと交配して誕生したのが県産地鶏「長州黒かしわ」です。1平方メートルあたり10羽以下の飼育密度で平飼いされ、一般的な鶏の2倍にあたる100日間、徹底した衛生管理の元で大切に飼育されます。そのため、脂肪含量が少なく、うま味成分であるイノシン酸や、機能性成分イミダペプチドを多く含みます。肉質は適度な歯ごたえを残しながらも柔らかく、かめばかむほど旨みが出てくるのが特徴です。

 商品に関するご質問・お問い合せはこちらから

メールフォームへ